受付は終了いたしました。たくさんのご応募、ありがとうございました。

 

 

ポール・スミザーの「プランツコース」を7年ぶりに開講いたします。

 

「プランツコース」は、将来、植物に関わる仕事で活躍したい方のために、ポール・スミザーが直接指導するユニークな植物基礎講座です。

 

植物とは? 植物の性質・特徴、植物を取り巻く自然環境、自然の理にかなった手入れ、植栽、栽培、選択、組み合わせ等、植物の様々な側面について実践を通して理解し、修了時には植栽計画〜植栽〜メンテナンスを自分でできるようになる基礎力を身につけていきます。

 

 

スライドレクチャーと、実際に自分の目で植物の様子を観察し、植物に触れ、植物のライフサイクルに合わせた作業を行うことが、植物の知識を得る一番の早道です。

 

植物名は世界共通である学名(ボタニカルネーム)で行い、ポイントとなる英語の園芸用語はわかりやすく解説し、イギリス留学を目指す方にとっても最良の準備コースになります。

 

 

会場となる「萌木の村ナチュラルガーデン」は清里高原、標高約1,200メートルに位置し、ポール・スミザーのデザインによるリニューアルが今年は6年目を迎えます。

 

多種多様な植物に出会えるとともに、6年目の花壇、昨年植栽したばかりの花壇、これから植栽する花壇などさまざまな植栽の段階を知り、それに応じて必要とされる手入れを学ぶことができます。

 

周辺は八ヶ岳中信高原国定公園に指定され、山と森、高原、湖など変化に富んだ、豊かな四季に恵まれた環境です。ガーデンから出て、貴重な野草の生息地への自然観察ツアーも予定しています。

 

 

自主的、且つ貪欲に学ぶ姿勢を持つ受講生を期待しています。

 

プランツコースの概要および、申し込み方法については下記をご確認ください。

 

■ 2017年度 プランツコース 概要

● 開催場所

清里 萌木の村ナチュラルガーデン

および 萌木の村敷地内 レクチャールーム「TOOL SHED」

 

萌木の村住所:〒407-0301 山梨県北杜市高根町清里3545

 ⇒ Google Mapはこちら(最寄駅はJR小海線「清里駅」です)

毎回、現地集合・現地解散となります。

移動手段や宿泊場所などの手配は各自にてお願いいたします。

 

● 開催日時

全8回(5月〜11月/全日程、土曜日の開催となります)

2017年 5月20日、6月3日()、6月17日、7月8日、9月2日、9月23日、10月28日、11月18日

9:30〜15:30(昼休み 12:00〜13:00) :6月3日のみ16:00〜20:30

● 料金

入学金5万円、授業料35万円(教材費含む/消費税別) 2分割払い可

● 定員

15名程度

● プランツコース内容

  • ガーデンウォーク(毎回)
    ガーデンを歩いて回り、季節ごと、様々な環境で育つ植物の折々の変化、特徴、用い方、手入れ方法などを具体的に解説し、観察します。
  • スライドレクチャー
    庭づくりのプロセス、植物概要、生物多様性に貢献する庭づくり、つる植物の仕立て方、施工事例などを、豊富な写真/映像資料とともに解説します。
  • 解説/実習
    植物写真の撮り方、土壌の見方・土壌改良、ガーデンの維持・メンテナンス、メドウガーデン、バラと花のために植える中低木、ミックス花壇の植栽計画、植物の組み合わせ、植物の見方・選び方、植栽、多年草の株分け、樹木の植え方・剪定、挿し木、球根、種採り、種まき、苗づくり、植物の学名・分類、ガーデンの生物との関わり、雑草対策、ローメンテナンスの庭づくり、マルチング、堆肥づくり、などを予定しています。
  • 自然観察ツアー
    八ヶ岳に自生する野生植物や、周囲の環境を観察します。
  • レポート制作/添削
    受講生は持ち回りで受講日誌と植物レポートを作成し、ポール・スミザーのチェックを受けることができます。
    作成したレポートは全員にコピーが渡され、コース修了時には各自の専用ファイルに貴重な資料が残ります。これにより日々の変化や作業を記録するという、ガーデナーに必要な習慣も身につきます。
  • OJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)
    受講生はレクチャー以外に、OJTとしてポール・スミザーが設計/施工したガーデンで、ガーデンスタッフと共にメンテナンス実習に参加することができます。
    OJT場所は、萌木の村ナチュラルガーデン、清里聖ヨハネ保育園森庭(もりにわ)、軽井沢プライベートガーデンなどを予定しています。
    希望者多数の場合は「とっとり晴れやか庭園」のガーデンウォークも検討します。
  • 施設の利用(萌木の村ナチュラルガーデン)
    プランツコースを通じて、萌木の村に植栽されているすべての植物の学名と特徴を覚えることを目標に授業を進めます。萌木の村ナチュラルガーデンはレクチャー開催日以外でも、いつでも繰り返し植物の生長を観察することができます。
    作業はレクチャー及びOJT以外はできません。
  • 施設の利用(レクチャールーム「TOOL SHED」)
    レクチャールーム「TOOL SHED」には園芸、ガーデンデザイン、自然科学などに関する書籍が揃うミニライブラリーがあり、受講生はコース開催日の8:30〜17:00の間に利用することができます。
  • 交流会の開催
    プランツコース卒業生やガーデンの分野でプロとして活躍する先輩方との交流会も予定しています。
  • 準備物
    ・お弁当、飲み物
    ・筆記用具、カメラ(ビデオカメラやレコーダーは不可)
    ・雨具(各自必要に応じて虫除け、日焼け止め、タオル、着替え、防寒具をご用意ください)
    ・手袋、はさみなど普段使っている道具類(

    :道具をお持ちでない方は、事前に購入しておく必要はありません。初回に「道具の使い方」のレクチャーを行い、希望者には特別価格にて販売します。3回目(6月17日)までに揃えて持参してください。
  • 修了証の発行
    コース修了者には修了証を発行いたします。(ただし7回以上出席のこと)

● お申し込み方法

受講を希望される方に申込書をお送りします。志望動機やこれまでの経歴など、必要項目を記入の上、ご返送ください。選考の上、受講を確定させていただきます。

 

申込書をご希望の方は、住所、氏名、電話番号、メールアドレスを明記の上、下記までご連絡ください。

 E-mail:grs@gardenrooms.co.jp

 ファックス:0551-38-3026(ガーデンルームス)

● お申し込み期限  ※4/7(金)追記:4/7現在、二次募集の予定はございません

第一次募集 締め切り:3月31日(金)

第二次募集 締め切り:4月20日(木)

:第一次募集で定員に達した場合、募集しない可能性があります。

  4月以降にスケジュールが確定する方はお気軽にご相談ください。

● お問い合わせ

有限会社ガーデンルームス(担当:齋藤)

TEL:0551-38-3025(平日:火曜〜金曜 10時-16時)

 

■ "自然の韻(うた)が聞こえる" 萌木の村 ナチュラルガーデンについて

2012年より施工開始。元々あった小さな花壇類は解体し、高低差のある敷地は地元の石を積み上げて、大きな花壇やテラス、通路や階段を作ってもらいました。

暗い日陰を作っていた林のうち、健康状態のよくない樹木は伐採し、パーゴラなどに活用。プライベートガーデン「八ヶ岳ナチュラルガーデン」の植物も移植して、多種多様な宿根草と共に八ヶ岳の在来種も数多く植栽しています。自然の野や山で野草が激減している昨今、地域の野草の遺伝子を保護する役割も担っています。

森を守り育てる『森想 -morisou-』モデル庭の第1号とし、地域の生態系を守る緑の拠点として進化を続けています。

 

 

>> 萌木の村 ナチュラルガーデンの施工の様子(2013年〜) (YouTube再生リスト)

 

■ よくあるご質問

Q萌木の村までの交通手段にはどのようなものがありますか?
A東京方面からは約2時間半、名古屋からは約3時間半、大阪からは約5時間半ほどかかります。
遠方より参加される場合は前泊をお勧めいたします。
●電車(新宿方面より)
新宿(中央線特急:2時間弱) ─ 小淵沢(小海線:25分) ─ 清里(徒歩8分) ─ 萌木の村
●車(新宿方面より)
新宿(中央自動車道:約2時間) ─ 須玉IC(国道141号線:25分) ─ 萌木の村
週末の中央道は大変混雑いたします。早朝の出発であれば、6時半までに八王子インターを通過されることをお勧めいたします。

>> JR清里駅 発着時刻表
Q萌木の村 周辺に宿泊施設はありますか?
A萌木の村 敷地内のホテル「ハット・ウォールデン」をはじめ、さまざまな宿泊施設がございます。
清里周辺ホテル(楽天トラベル)
清里周辺ホテル(じゃらん)
Q萌木の村 周辺に飲食施設やコンビニエンスストアはありますか?
A萌木の村 敷地内のレストラン「ROCK」をはじめ、さまざまな施設がございます。
コンビニエンスストアは、徒歩5分のエリアに「セブンイレブン 山梨清里店」がございます。
Qコースが始まる前までに読んでおくべき書籍はありますか?
Aコース受講が確定しましたら、推薦書籍をお知らせいたします。


お知らせカテゴリー

お知らせ内を検索

過去のお知らせ

公開中のガーデン

関連リンク

電子書籍のご紹介



絶版書籍はamazonで

others

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>